So-net無料ブログ作成

生活のリズムを整えるのがまずは大事 [脳の活性化]

もちろん人間の脳は機械ではないので
24時間同じ性能を発揮できるわけではありません。

生体としての脳が活発に働きたい時間や
休みたい時間を周期的に繰り返しているだけなのです。

その周期と生活のリズムを
なるべく一致させるように1日の活動を行うのがベストです。

時差ボケのような症状があります。

これはどうして起きるかというと、

脳の活動リズムと生活のリズムがずれて、
脳が休みたい時間に仕事をしようとして頭が働かなかったり、

脳が活発に動きたい時間に休もうとして
眠れなくなったりしている状態なんです。

つまり、生活のリズムを不安定にすると、
日本にいながら時差ボケと同じような症状が起きてしまうのです。

これを治すには、生活のリズムを一定にするしかないです。

朝6時なら七6時と決めて、
なるべく同じ時間に起きて下さい。

ボケ症状のように見える人が、
生活のリズムを安定させることで
治っていくことも珍しくないんです。
タグ:脳の働き
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。