So-net無料ブログ作成
検索選択

脳のリズム化 [脳の活性化]

生活のリズムを失うことは「ボケの入り口」

時差ボケのような状態になっているために
脳機能が安定しないというのは一時的な現象ですが、
脳が働かない時間を長くすることは、
必然的に脳の訓練の機会を減らしているのです。

この脳を訓練する時間が減っている事が重要なのです。

こうなると今度はそれが原因となって脳機能が低下し、
さらに人と話すことがイヤになったり苦手になったり、
思考、つまり頭で考える事が長く続けられなくなったりするのです。

脳はあることができなくなると、
そのことを無意識的に避けようとする癖があるので、
ますます訓練の機会が失われていく事になるのです。

知らぬ間に脳機能が低下する……。

そういう悪循環を続けた結果、
最初は軽い時差ボケ的な症状であったものが、
本当に治りにくいボケ症状になっていくケースも十分にあり得ます。

大事なことなので、あえて強い言い方をしますが、
生活のリズムを失うことは「ボケの入り口」と
言っても過言ではないかも知れません。

それほど、日常生活にリズムを付けるのは重要な事なのです。

タグ:脳の働き
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。