So-net無料ブログ作成
集中法 ブログトップ

良い習慣が脳を生まれ変わらせる [集中法]

良い習慣が脳を生まれ変わらせる

最近、何となく脳が冴えないと思う事がないですか?

人から話しかけられたときなどにスグに反応できない。

話を聞いても文章を読んでも
内容が頭にすんなりと入ってこない。

よく知っているはずのことが思い出せない。

思考がすぐに途切れてしまう。

良いアイデアが浮かばない。

集中力が続かない。

ぼんやりしているうちに時間が過ぎている。

そのために、仕事や生活も上手くいかなくて楽しくない。

このような状態を自分で改善させ、
また、脳の使い方を改めることにより、
記憶力や集中力、思考力、意欲などを高めていくことが大切です。
タグ:習慣
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

集中力を高める栄養源 [集中法]

集中力を高めるための栄養についてお話しします。


まず、低GI食品を食べるようにする!


脳の栄養は糖分のため、糖分が
きれてしまうと集中力が切れてしまいます。

それでは砂糖をたくさん
取ればいいのかというと、それは違います。

白砂糖は吸収が早いため、
急激に血糖値が高まります。

そして、ある時間が過ぎると急激に血糖値が下がります。


そして血糖値の低下によって集中力が下がってしまいます。

そしてその急激な血糖値の変化が
体に負担となり、集中力が続かなくなります。


血糖値を高く、一定に保つには低GI食品を選べばいいのです。


低GI食品は大豆バーなんかで
紹介されていたで、有名だと思います。

要は、糖の栄養をゆっくりと吸収してくれます。

そのため、血糖値が適した高さ一定に
保つことができ、集中力を高めることができるのです。


それではその低GI食品はなにから
取れるかというと、玄米やそば、果物などです。

たくさんあるので、簡単な指標をいうと、
白いものはだいたい高GI食品になります。


うどん  ⇒  そば
白米   ⇒  玄米
食パン  ⇒  ライ麦パン  





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

集中を高める脳のメカニズム [集中法]

まず「勉強=つらい」という感情を変える仕組みにすることです。


この脳の感情を変えるためにまずは、
休憩を工夫して取るのがとても大切です。

時間的には30分勉強したら10分ぐらい休むのがベターだと思います。

長時間の勉強はやめて以下に説明するように勉強しましょう。


こういう事は脳のメカニズムを理解すると休息の大切さがわかります。

まず、脳のメカニズムは非常にシンプルで、
イヤなことを避け、楽しいことに反応する構造になっています。

つまり、

勉強を=つらい

このように脳が認識してしまう事をやめさせるのが、集中力を
継続させるポイントです。結論から言うと休憩を多めに撮ることです。

このポイントはつらいという感情を感じる前にに休憩するということです。

脳科学的には集中できる時間は90分が最大です。

しかし、実際は90分も持ちません。私の経験からですが、
集中力を高めることの出来る時間は30分が限度でしょう。


30分を超えると、勉強がつらいと感じ始めてしまいます。

しかし、その直前で休憩をとれば、つらいという感情がでません。

また、勉強を再開するときも、取り組む時間が短いので
「勉強かぁ~イヤだな~」というつらい感情が出にくくなります。

そのため、勉強=つらい と脳に認識されにくく
なるので長時間にわたる勉強には非常に効果的になります。

これには個人差もあるでしょうから
自分で本当に集中できる時間を見極めて
休憩と勉強する時間を考えて設定しましょう。

それが楽しく長時間勉強する秘訣です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

集中力を高めるポイントは集中力のあるときに、集中する事^^ [集中法]

だいたい私たちは24時間ずっと
集中していることはできません。


自分のモチベーションが保てる間だけ、
やるべきことを集中できるだけやればいいと思います。

気持ちが乗らないときに、無理に集中しても無駄です。
そういう時は、簡単な問題をといたり、
復讐したりすることに時間を使うのも方法です。

気持ちのオンとオフを上手く使い分けて気持ちを高めるのです。

集中力は一朝一夕につくものではないです。
自分の気持ちが何となく楽しくなってるとき――
そういう時に何か集中してやってみる癖をつける事です。

子供でも、騒音が絶えない環境で育てられると
机にじっと座ってられない落ち着きのない子になるそうです。

ですから静かで安心できる環境や時間を
作り出す事も大事な要素になります。


寝る前なんかに好きな本にでも読む時間を
10分でも作るようなクセをつけるのもいいと思います。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
集中法 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。